私のゆるーい妊活について

3年前からずっと妊活中です。2年前に一度妊娠できたのですが、残念ながら9週で流産してしまいました。

それから2年間頑張っていますがいまのところ妊娠 に至っておらず、妊娠というのは本当に奇跡なんだなぁと思っています。私はあまり思いつめたりやりすぎたりしてしまうと精神的に持たない気がして、ゆるー い感じで妊活しています。できることを無理せずやって、赤ちゃんのタイミングを自然に待っています。

とにかくストレスをためるのがよくないと思っているの で、定期的に運動してリフレッシュし、また夜は入浴剤を入れたお風呂にゆったりつかる。そして、たっぷりと質のいい睡眠をたくさんとる。

妊娠準備NAVI

当たり前すぎるか もしれませんが、私は精神的に弱く、ちょっとでも嫌なことがあるとすぐにイライラしたり落ちこんだり、体調も悪くなってきたりしてしまうので、精神的にい つでも落ち着いた状態でいること、ニコニコと笑顔で毎日を過ごすということを心がけています。ひとつ妊娠を意識して行っているのは、ネットで見た「木村さ ん」という子宝の神様の画像をコッソリと携帯の待ち受けにしていることです。この画像を待ち受けにすると子宝がやってくるらしく、その効果を期待しながら ワクワク過ごしています。

精子と卵子の質を上げる事が大切

年齢を重ねてくると妊娠しにくい体になってくると言われていますが、その原因の一つに精子と卵子の質が落ちてきたという事が挙げられます。精子と卵子の質 が落ちてくる理由は加齢によるものが主な原因ですが、日常生活の中で原因になっているものも少なくはありません。睡眠不足、食生活の乱れ、飲酒や喫煙、ス トレスなど日常生活に関わってくるものも多くあるのでその点を改善するための活動が妊活でもあるのです。

精子と卵子にはミトコンドリアという細胞器官が備わっていて妊娠するための機能もここで働いています。それで睡眠不足、食生活の乱れ、飲酒や喫煙、ストレ スなど体に支障を与える生活をしているとミトコンドリアが減少してしまって妊娠するための機能も正常に働かなくなってしまいます。それで不妊に陥ってしま うわけです。

ミトコンドリアを活性化させるには体に支障を与える生活を改善していかなければいけません。睡眠は必ず7時間以上取って食事もなるべく野菜を中心をしたメ ニューでしっかり栄養を取っていく事が大切です。また体に支障が出る飲酒や喫煙は控えてストレスを溜めないように気分転換をしていく事も大切になってきま す。これらの改善は妊娠するための体作りでもあって妊活と呼ばれる活動なのです。

私達夫婦の妊活体験談です。

私は結婚して4年4ヶ月の30歳の主婦です。私達は結婚当初「いつか、子供が出来たらいいねー。」という風に二人共、思っていましたので、結婚しても2人 の生活を楽しんでいました。

いろんな所へ行ったりし、毎日が幸せでしたので、2人の生活に全く不満などありませんでした。そんな私達が妊活を意識し始めた のは、今から2年半前でした。私達が行った妊活方法は「2人の気持ちが一緒の時に仲良し(避妊具なし)をする」というものでした。まずは、相手の事を1番 に考えました。

相手の気持ち面や、体調面などを思いやっていました。私は妊活によって、旦那さんにプレッシャーをかけたくありませんでしたし、重荷に感じ てほしくなかったので、特に「2人の気持が一緒の時」を大事にしていました。ですねで、お互い、自分だけの気持ちを推し通すような事はしませんでした。

私 も旦那さんも、私の大体の排卵日を把握していましたので、今思えば、排卵日付近は自然と仲良しの回数が多かったと思います。このような生活をしていたとこ ろ、妊娠していることが分かりました。現在、妊娠8ヶ月を迎えることが出来ました。妊活を通して、改めて「妊娠すること、順調に育つことが、本当に奇跡な んだな」と実感しました。この奇跡と、いつも支えてくれた旦那さんに感謝の気持ちを忘れずに、これからも生活していきたいです。

妊娠までに私がやったこと

私は30歳で結婚しました。すぐに子供を作っても良かったのですが、子供ができたら仕事はやめて専業主婦になると決めていたので、少し貯金を貯めるために1年ほどは仕事をやめず二人で働きました。
その後31歳になり、そろそろ子供をつくろうと思っていた矢先に私の健康診断の子宮頸がん検診で異常がでて、子宮頚部異形成で手術をすることになりまし た。医師の診断で手術後半年は子供をつくることができず、時間だけがどんどん経っていきました。検査などを含めると手術から7か月ほど経ち、やっと医師の 許可がおり子供づくりを開始することができました。
私の年齢はすでに32歳になっていて、私は焦り始めていました。最初は普通に自然妊娠を目指していましたが、すぐにはできず、結局できないまま半年が経過 しました。私はこれ以上時間は無駄に出来ないと思い、不妊治療の専門病院へ通うようになりました。最初の検査は基本的な項目から始まり、保険がきかずに初 回35000円ほどかかりました。その後も生理のタイミングで受けられる検査が決まっていて3回ほどは検査に行きました。毎回数千円かかっていました。基 本的な検査が終わり、次に主人の精液検査を受けました。私の体で特に問題は見つからず、主人の精液検査は結果があまりよくないので再検査をすることになり ました。基本的な検査をすすめつつ性行のタイミング指導も行われました。次のステップとして私の子宮の精密検査として卵管造影剤検査を予定していました が、ちょうどその頃に予定していた生理が止まり、妊娠が発覚しました。
結局は不妊治療の病院に通い始めて2か月くらいで自然妊娠したので病院に行かなくてもできたのだろうと思いますが、それは結果論です。自分の体や主人の体 に問題がないのかということは病院に行かないとわからないし、気持ちばかりが焦るものだと思います。私は手術を受けてから待ちの期間があり焦りがつのりま した。なので現在妊娠を希望されている方には病院に行くなどできることは積極的にした方がいいと思います。